キャバ嬢も結構大変なんです。


by dfswhoarbo
 鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が2日午前、参院本会議でもスタートした。首相は民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関連し、小沢氏の国会への参考人招致について「検察捜査の途中で事実関係も解明されていない。政治家としての判断は小沢氏自身にある」と述べた。

 自民党の谷川秀善参院幹事長が「小沢氏に『国会に出て説明せよ』と指示すべきだ」と求めたのに対し答えた。

 首相はまた、民主党内に検察や報道に対する批判があることについて「行政の長として検察が公平な捜査を行うことを信じている」と強調。その上で「報道の節度と良識は、報道機関自らが保つべき問題だ。政治家が、個人として疑問や見解を表明することは節度を持って行う限り非難すべきではない」と語った。

 一方、民主党と同党の支持団体、日教組の関係に関連し、「教育の政治的な中立性をとらなくてはならないのは当然だ」と指摘した。日教組出身の民主党の輿石東参院議員会長は昨年1月、「教育の政治的中立なんて言われても、そんなものはあり得ない」と発言しており、首相答弁はこの認識を否定したものだ。

 選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案については「きずなの問題などさまざまな意見があるのは承知している。平成8年の法制審議会(法相の諮問機関)の答申を踏まえ法務省で検討している」と現状を説明した。法制審議会は平成8年に選択的夫婦別姓制度の導入を答申している。

 国旗・国歌の教育現場での指導に関し「入学式などでの国旗掲揚と国歌斉唱を指導しており、取り扱いに変更はない」と述べた。

【関連記事】
小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏
参院選「小沢氏仕切って」 首相
小沢氏再聴取 議員辞職が責任の取り方
普天間移設 首相「5月までに結論」 小沢氏事件で謝罪も
小沢氏本人の立件の可否、近く判断へ

<島根女子大生遺棄>通勤路周辺居住20〜40代の男か(毎日新聞)
岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
八王子夢街道駅伝 応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)
<神奈川イメージアップ大賞>火坂雅志さんら3人を表彰(毎日新聞)
津市長に松田氏が再選(時事通信)
[PR]
# by dfswhoarbo | 2010-02-03 02:39
 神戸市須磨区横尾の路上で2003年2月、近くのパート従業員寺田和子さん(当時44歳)が刺殺された事件から7年になるのを前に、寺田さんの夫(52)が2月1日から1年間、犯人逮捕に結びつく有力情報に、私的懸賞金300万円を支払うことを決めた。

 「どんなささいな情報でも」と、祈る思いだ。

 和子さんは同年2月21日午後10時50分頃、パート先から帰宅途中、路上で何者かに太ももを刃物で刺され、失血死した。現場の東約300メートルの山林でバッグが見つかるなどしており、兵庫県警は強盗殺人事件とみて調べている。

 職場で知り合い、連れ添って約20年。働きながら、2児の子育てと家事を切り盛りしていた和子さんを失い、「空気のようにいて当たり前だった。あれ以来、自分の中で何かが欠けてしまった」と夫は話す。

 当時長男(23)は高校1年、次男(18)は小学5年。男3人でなれない家事をし、肉じゃがを作るのに2時間かかった日もあった。

 「今もふと、嫁さんが笑って横に座っている光景が目に浮かぶ。なぜ路上で死ななければいけなかったのか、悔しくて、悔しくて仕方がない」

 毎年、命日を前に県警などとビラを配り、情報提供を呼びかけてきた。警察には約120件の情報が寄せられたが、最近、風化も感じるようになった。懸賞金には、「命を奪われ、なぜお金までかけて情報を募るのか」と抵抗感があったが、ともに活動してきた「全国犯罪被害者の会」(あすの会)の仲間に、「犯人逮捕につながるかもしれない」と勧められ、決意したという。

 今年も2月14日、現場付近でビラを配る。情報は須磨署(078・731・0110)へ。

<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
松原市のごみ無許可収集 生野の業者にも証明書 市長謝罪(産経新聞)
海に落とし遊泳20分強要し殺害、元組員に無期懲役判決(産経新聞)
リコール シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
[PR]
# by dfswhoarbo | 2010-02-02 02:41
 健康科学大(山梨県富士河口湖町)開設時に学校法人第一藍野学院(同)が虚偽申請した問題で、日本私立学校振興・共済事業団が同法人に今年度の経常費補助金を交付しない方針を決めたことが27日、分かった。決定は14日付。2010年度も不交付となる見通しだ。
 経常費補助金は教職員・学生数などに応じて、国から事業団を通じて支払われるが、同法人がほかに運営する修紅短大(岩手県一関市)への交付もゼロとなる。両校への直近の交付実績は07年度の計4661万円だった。
 文部科学省によると、同法人は02年度、健康科学大の設置財源50億円の大半を寄付金に見せ掛けた借入金で補い、新設の認可を得た。その後も05年度まで帳簿操作を続けた。 

【関連ニュース】
新学部5年間認めず=虚偽申請の第一藍野学院
3億9000万円返還を命令=第一藍野学院に

税収減でも積極予算 22年度・都原案 一般歳出1.9%増の4兆6289億(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
「現地の人の痛み軽減できた」=緊急援助隊医療チームが帰国−ハイチ地震(時事通信)
屋外ヌード撮影で篠山紀信さんとモデルら書類送検へ(産経新聞)
普天間、固定化の可能性も=のし掛かる先送りのつけ−名護市長選(時事通信)
[PR]
# by dfswhoarbo | 2010-01-31 12:05
 22日午前0時10分頃、千葉県市原市山田橋のガソリンスタンド所長、奈佐(なさ)昭一さん(44)方から出火、木造2階住宅約100平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

 長女の県立磯辺高2年、優里香さん(16)と三女の市立国分寺台西中1年、栞(しおり)さん(12)の行方が分からなくなっており、市原署は、遺体はこの2人とみて身元の確認を進めている。

 同署の発表などによると、奈佐さん方は5人暮らしで、優里香さんと栞さんは当時、2階で寝ていたとみられる。1階で寝ていた妻の有子さん(44)、次女の同中2年、瞳さん(14)も煙を吸って病院に運ばれたが、生命に別条はないという。奈佐さんは「帰宅した時には火が出ていた」と話しているという。

 同署などは、火元は屋内とみて調べている。この火事で隣の民家も半焼した。

民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
<塩野義製薬>初の国産インフル治療薬を発売(毎日新聞)
風力発電 環境アセスの対象へ(産経新聞)
中学生の塾代 不況でも最高 20年度、小・高は減少(産経新聞)
<入管法違反容疑>中国人不法就労 老舗旅館社長を書類送検(毎日新聞)
[PR]
# by dfswhoarbo | 2010-01-29 22:56