キャバ嬢も結構大変なんです。


by dfswhoarbo

iPadブランドマガジンの驚き――“iPad後”の広告シーン(Business Media 誠)

 ここ数日、私はiPadに揺らされた。iPad発売8日前の5月20日、1人の美人が資料を携えて、私の仕事場にやってきた。

【動画:CLINIQUEの電子雑誌『Smile』】 【拡大画像や他の画像】

 「今日はまだ本機でのデモをお見せできないのですが……」、そう言いながら広げた資料には『Wired Vision』や『Wall Street Journal』の記事がある。そこには、「『タイム』誌の創刊1号から8号の広告に1件20万ドル(1800万円)の値が付き、ユニリーバやトヨタ自動車などそうそうたる企業ですでに完売」と書いてある。

 「なんですって!」、美人の顔を(これ幸いと)まじまじと見つめて叫んだ。『タイム』誌とは印刷版ではなく“iPad”版だ。広告やマーケティングがどう変わるのか、彼女は静かに説明した。衝撃を受けた私は「これはお告げだ」と直感した。買わないとダメだ。

 衝動のままに、予約なしで発売当日にiPadを購入。さっそくその資料にあったキーワード「smile」をApp Storeで入力。サッカー日本代表の中村憲剛選手の笑顔が表紙のiPadアプリ、プレステージ化粧品CLINIQUEの電子雑誌『Smile』をダウンロードした。5月28日に公開開始された”iPadブランドマガジン”である。

●iPadブランドマガジン

 右へスライドするとマガジンスタイル。下にスライドするともっと深いコンテンツが展開される。遠山正道さん(スマイルズ代表)、藤代冥砂さん(写真家・小説家)ら笑顔が似合う著名人インタビューが“縦横無尽”に広がる。タテにヨコに揺らせばコンテンツデザインが変わり、動画へもシームレス。タップすると「目次ナビ」の帯が下部に出現。「肌シミュレーター(お肌診断)」や外部ECサイトへ直結する。

 「今までの雑誌をiPad用に移し変えるなんてナンセンスです」

 『Smile』をプロデュースした、PR会社ビルコムの太田滋代表取締役兼CEOは言う。「企業戦略上でiPadを位置付けると3つの変化があります。『クリエイティブの変化』『企業メディアの変化』『カスタマイズの変化』です」

 クリエイティブの変化、それはiPadのコンテンツ表現の衝撃だ。ブランドイメージを優先する化粧品業界では、これまで画像サイズや表現力の点で劣るWeb媒体への広告出稿が少なかった。そのためか、Yahoo! BEAUTYが展開するWebマガジン『LuAu(ルアウ)』は、化粧品企業向けの広告営業という狙いも見える。だが、このiPadでのプロモーションでは、『CLINIQUE』側が積極的に「やりたい」と発案してきた。大企業も変化をつかんでいる。

 「そこで、私たちは藤本やすし氏に『雑誌のクリエイティブやアートディレクションをもう一度創り直しませんか?』と提案したのです」と太田社長。藤本やすし氏はこれまで、『GQ』『VOGUE』『BRUTUS』『流行通信』など、日本を代表するファッション雑誌やルイ・ヴィトンなど著名企業広告を手がけてきた。必ずしもWeb派ではないと言われる藤本氏を口説けた背景には、太田さんの熱意だけではなくiPadの表現力があった。

●広告も番組もシームレスに

 2つ目は企業メディアの変化。業界用語では“Owned Media”と言う、自社Webサイトやブランドサイトなど企業が直接所有するメディアが変わるという。

 「iPadなどのスレート端末によって、企業メディアは文字や音声、画像や動画をマルチメディアで伝えるものへと根本から変わります」と太田さん。

 依然、会社案内や商品案内などカタログサイトが多い企業Webサイト、iPadはそこに革新をもたらす。“iPadのWebサイト”は、従来のフレーム構造やバナー、重いフラッシュ画面などから自由になり、Webは動くキャンバスになる。

 3つ目はカスタマイズだ。ビルコムが制作した『情熱の系譜』(テレビ東京)と連動するiPadアプリ『情熱の系譜 for iPad』は、iPad専用コンテンツをテレビ番組と並行させて配信する(Apple側の審査終了次第、近日公開予定)。

 テレビ番組を見ながら、iPadコンテンツを読む。片岡鶴太郎氏の絵の秘密をさらに掘り下げる。番組を提供する協和発酵キリンのメッセージも自然体で伝わる。「なるほど!」と思えばiPadからTwitterでつぶやく。「iPadアプリは広告なのか? それともテレビプログラムの1つなのか?」、それは視聴者が決めればいい。

 楽しみ方は自由自在。いずれ、個人向け広告はもちろん、個人向け番組コンテンツも配信できるかもしれない。これからの“視聴者参加型メディア”とは、Webサイトなどの企業メディアと、ブログやTwitterなどの社会メディア、そして広告メディアの合体だ。iPadがその真ん中にある。

●みなさん、ついていけますか?

 「iPadブランドマガジンは、素材やデザイン、ソフトウエアやサーバなどを組み合わせ、プレスリリースまで一貫させた“トータルプロデュースサービス”です」

 ビルコムの協和発酵キリン担当、早川くららプロジェクトマネジャーはそう言う。約6カ月のサービス期間中(費用は950万円から)、何度も改訂・追加して“成長”させる。“マガジン”という概念も変わるだろう。

 iPadに触れた業界人には、戸惑いと期待が交錯している。「ついていけるかどうか?」と。ビルコムを始めとする“次世代デジタル・エージェンシー”は、紙媒体の編集者や写真家、ライターたちにも、再び脚光を浴びる機会を作る。もちろん、「iPad上でクリエイティブを発揮できれば」の話だが。

 iPadは消費者も挑発する。例えば、iPad版“推理小説”はこうなる。通常の推理小説では第三者視点の物語がつづられるが、iPad版では下にスクロールすると登場人物の独白や、話の筋に一見関係ない刑事の日常生活が描かれる。しかも、その内容がダウンロードするたびに変わるとしたらどうだろう? 読者の真犯人探しの楽しさは増さないか? 読書体験も激変するだろう。それについていけますか?

 iPadに揺らされた10日間。きっかけはビルコムの美人マネージャー山崎佐知香さん、取材の過程では美人プロジェクトマネジャー早川くららさんという、2人の美人たちに心を揺らされたが、最もドキドキしたのはiPadが持つ可能性。彼女たちのおかげで“iPad後の世界”を見る目が持てたかもしれない。【郷好文】

【関連記事】
「当社はお客さまに会いません……」と言う会社の社長に会ってみた
iPad販売に見る、新世代の予約行列マーケティング
NOVAが跳ね、ジオスが空転――日本人に英語は必要ないのか?

民主国対委員長に樽床氏(時事通信)
寒暖の差激しく、多雨=春の天候まとめ―気象庁(時事通信)
トキ、今秋に放鳥へ=施設改修など条件付きで―環境省(時事通信)
樽床氏、代表選出馬の意向 菅氏は協力要請の行脚(産経新聞)
三浦朱門さんが車にはねられ軽傷 東京・上野(産経新聞)
[PR]
by dfswhoarbo | 2010-06-08 07:04