キャバ嬢も結構大変なんです。


by dfswhoarbo

東大病院の医師かたり、“薬”を販売 容疑で無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 東大病院などの医師をかたり、無許可で錠剤などを販売したとして、警視庁生活環境課と月島署は薬事法違反(無許可販売)の疑いで、住所不定、無職の小原司容疑者(44)を逮捕した。同課によると、小原容疑者は「楽して金がほしかった。昨年3月以降、未遂も含めて約300件やった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年3月11日から5月29日ごろの間、3回にわたって東京都江東区の自営業男性(61)など男女4人に、「6カ月飲めば近視も老眼も治る薬」「大動脈弁閉鎖不全によく効く」などと言って、健康補助食品4箱を計約3万4千円で販売したとしている。

 同課によると、小原容疑者は客を装って首都圏や関東の自営業者を訪問。東京大学医学部附属病院や国立がんセンターの医師を名乗り、「近くに引っ越してきた」など雑談をした上、「薬を処方してあげる」と持ちかけていた。

 販売価格は1箱40〜50錠入りで約1万円だったが、実際には100円ショップで購入した健康補助食品をプラスチックケースに入れ替えて販売していた。その際に発行した手書きの領収書に、指印を押していたため中村容疑者の犯行と判明。見当たり捜査にあたっていた捜査共助課の捜査員が、新宿区内にいるところを発見した。

 被害者の多くは60代〜70代の高齢者で、警視庁には約15件の被害届が出されている。

【関連記事】
「相乗効果狙って」精力増強薬を陳列 薬事法違反でAV販売会社を摘発
偽バイアグラを広告 「快適生活」元社長逮捕
医薬品を無許可ネット販売、売り上げ1億円 ブラジル人の女逮捕
未承認避妊薬の所持容疑で雑貨販売店の夫婦逮捕 三重県警
オンナ心くすぐる“魔法の錠剤”の危険な落とし穴
20年後、日本はありますか?

当直1人、火の手になすすべなし…7人死亡火災(読売新聞)
5歳餓死「イライラした時殴った」父も虐待認める(読売新聞)
ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明−大阪大(時事通信)
核搭載艦船の寄港は「密約」=半島有事・沖縄肩代わりも−政府、見解見直しへ(時事通信)
[PR]
by dfswhoarbo | 2010-03-18 00:09